m-SITE-rの設計料の考え方

当事務所は、設計料を建築費の数%とせずに、
延床面積の合計の大きさによって設計料を決めております。

メリット01 面積が同じであればどちらも設計料は同じです。



同じ大きさの家なのに建築費が変わるということは、、
それだけ高い材料を使っているということです。

メリット02 早い段階で設計料がいくらになるか把握できます。

ご相談期間から基本設計期間の間に設計料が決定します。建築費の数%で設計料を決める場合は実際に工事が始まる少し前です。
早い時期から設計料が把握でき、資金計画が立ちやすい。